インドで会計事務所!立ち上げ日記

旧・『京都の公認会計士の日記』
京都とインドのデリーで日本企業のインド進出サポートの仕事をしている会計士の日記です。
日本各地で営業してインドに飛んで仕事して、、、高速で往復しています。
会計とか税務以外に、本や雑誌に寄稿したり、セミナーしたり、、、そして、たまにドラクエ狂っぷり発揮したりの記録です。
<< 移動時間に読んだ本 | main | 仕事の分岐点 昨今の士業の事情 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    移動時間に読んだ本 その2
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      先日に続き、仕事でのメトロでの移動時間での1冊。
      2月の頭に仕事で松江に行っていたのですが、その際にひょいと米子まで足をのばし、
      「鬼太郎ロード」を見てきました。

      町中、鬼太郎や猫娘や子泣きじじいが歩いているのですが、
      お土産ものもたくさん買ってしまいました。

      そのうちの1つがこれ『ほんまにオレはアホやろか (新潮文庫)』。



      水木しげる氏の自伝としては、ねぼけ人生 (ちくま文庫) が面白かったので、興味があってこれも買ってみた。

      彼の人生が波乱万丈で興味深いのと、ところどころに入っている挿絵が滑稽で楽しくサラッと読めた。

      内容としては前述の本と同じ流れ。
      でも今回読んでいて感じたのは、戦争や本人のなまけ癖もあるのですが、結局彼は昔から今まで一貫して「絵を描きたい」という信念を持って仕事をしてきてるんだなということ。

      あらゆる学校、あらゆる仕事をクビになりながらも、
      なんとか「美術学校に入って絵描きになるためには・・・」と考え続けて行動してたのが印象的でした。

      また、前述の本にはなかった、
      「40歳を超えてから大成した漫画家なんて聞いたことがない、もうオレは漫画家としてダメなんじゃないだろうか」
      という焦りや不安が表現されていたのが新鮮でした。


      水木しげる氏の作品はどれも奥が深いので結構おすすめです。
      でも巻末にも書いてありましたが、水木しげるのファンってほぼ100%の確率で男性だそうです(笑)。
      まあ、「妖怪」「おばけ」「戦争」「仕事での成功」ってすべて男が好きなテーマですからね。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      ブログランキングに参加しております。
      クリックにて応援よろしくお願いいたします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
      にほんブログ村
      | rabbit | 読書 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:38 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 個人事業主向け確定申告の本です。
        + お金についての「実際やって見た」です。
        + 私たちの「節約理論」を書いたものです。
        + 記念すべき1冊目の著書です。
        + どうぶつの森
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE