インドで会計事務所!立ち上げ日記

旧・『京都の公認会計士の日記』
京都とインドのデリーで日本企業のインド進出サポートの仕事をしている会計士の日記です。
日本各地で営業してインドに飛んで仕事して、、、高速で往復しています。
会計とか税務以外に、本や雑誌に寄稿したり、セミナーしたり、、、そして、たまにドラクエ狂っぷり発揮したりの記録です。
<< 「タダでお願いします」というセリフ、「お金をください」という勇気 | main | タクシートラブル >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「掃除はするな」「銀行にはいくな」そして「簡単に『ありがとう』と言うな」
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
       
      外国で仕事をしているといろいろなトラブルに遭います。

      食当たりに代表される生活面から、思った通りになかなかいかない仕事面。
      そしてその両方に影響するのがやはり「文化」の違いです。

      先日デリー郊外でインド人会計士と一緒にセミナーをしていたのですが、
      インド人側が資料配布などの雑務を一切しない。
      もう時間も差し迫っているで「これ配って」ってお願いしても、
      渡した資料を横にポイッとして、一切の雑務をやらないのです。

      今に始まったことではないので、イライラもしないのですが、
      びっくりしたのは、あとで事務所に帰ってから逆に私のほうがダメ出しを食らったこと。

      「ああいった雑作業をやったら、あなたインド人のスタッフに舐められますよ。その程度の人間だと。
      銀行の窓口にも行っちゃだめだ。銀行員に舐められる。
      あと、簡単にインド人に『ありがとう』と言ってはダメだ。もっと「ボス」として振る舞え」

      てな感じ。

      「日本では大企業はともかく私みたいな零細企業の社長は自分でやる。
      コーヒーも自分で入れる。もっと言えば自宅のトイレ掃除も自分でやりますよ」

      って言ったら、もう顔をしかめて
      「よくそんなことやるね。私は絶対無理。
      それに、そんなことで時間を割かれるのならメイドを雇って、もっとビジネスに集中してくれ。」

      まあ、そんな感じで日印ビジネス文化について、色々意見交換しました。
      まあ、郷に入りては郷に従えで、インド人に対しては徐々にインドスタイルに変えようと思うのですが、
      私のお客様はほとんどが日系企業なので、日本人に対してはやっぱりこの日本スタイルを貫きたいなあと思います。

      しっかしそんなインド人なら、海外で仕事しようと思ったら、秘書もメイドもみんな一切合財連れてこないと仕事できないだろうなあ。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      ブログランキングに参加しております。
      クリックにて応援よろしくお願いいたします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
      にほんブログ村

      | rabbit | インド | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 21:01 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 個人事業主向け確定申告の本です。
        + お金についての「実際やって見た」です。
        + 私たちの「節約理論」を書いたものです。
        + 記念すべき1冊目の著書です。
        + どうぶつの森
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE