インドで会計事務所!立ち上げ日記

旧・『京都の公認会計士の日記』
京都とインドのデリーで日本企業のインド進出サポートの仕事をしている会計士の日記です。
日本各地で営業してインドに飛んで仕事して、、、高速で往復しています。
会計とか税務以外に、本や雑誌に寄稿したり、セミナーしたり、、、そして、たまにドラクエ狂っぷり発揮したりの記録です。
<< 「独立目指す会計士のための勉強会」やりました。 | main | ゼルダの伝説「スカイウォードソード」クリアしました。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    最近のいろいろ
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
       
      長いことブログ更新していませんでしたので、ちょいと最近の活動を。

      3月の中頃は仕事で東京行って、ついでに次の本の内容について打ち合わせ。
      書きたかった会計の本なのですが、ちょいと他の仕事もあるので、
      メイン執筆は嫁さんにお願いしようかなと。僕のパートは少なめにする予定。

      その週末は前職の先輩や後輩たちと飲み会。
      1名以外は全員もう辞めた人だったので、もう業界に対して言いたい放題の飲み会でした。
      あとは独立後の仕事の話なんかで盛り上がってなかなか有意義な会になりました。

      その翌日は二日酔いでTOEIC受験。
      長いこと読み書き以外は英語使ってなかったのでとにかく聞きとりが辛い。
      日本にいる間も以下に「聞きとり」に触れるかが大切ですね。

      翌週は財務省主催のインドビジネスワークショップに参加してました。
      やっぱり財務省主催だけあって、内容もホスピタリティもしっかりしてて本当によいセミナーでした。
      招待してくださった方には感謝感謝です。

      そのあとは協会の会務やったり、実家の仕事手伝ったりして、、、、、

      で再びインドに渡っています。
      今回はあまり時間が取れないので効率的に動く予定。
      引き合いを頂いているお客様に会うのがメインですが、もうひとつ重要なのは「家探し」。
      今は短期契約のアパートを借りているのですが、どうも割高だなという結論になったので、
      デリーでも拠点となる家を探そうかと。

      ・事務所に近い
      ・家具付き
      ・1階以外
      で極力安い物件を探していたら・・・ようやく今日いい物件に出会えました。
      今週末にもう1物件見学するので、それを見て決めようと思います。

      気になる今日の物件の値段は…日本で僕が住んでるくらいの広さのアパートで月2万円くらい。
      やっぱりインド人に紹介してもらった不動産屋さんだとかなり値段を抑えられるようです。

      4階なのにエレベータがないのが玉にキズですが、
      そもそも停電の多いデリーでは前から僕はエレベータに乗らない(閉じ込められるのが怖い)ので
      たぶんこの物件に決まるんじゃないかな〜と思っています。


      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      ブログランキングに参加しております。
      クリックにて応援よろしくお願いいたします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
      にほんブログ村

      | rabbit | ビジネス | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 01:02 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 個人事業主向け確定申告の本です。
        + お金についての「実際やって見た」です。
        + 私たちの「節約理論」を書いたものです。
        + 記念すべき1冊目の著書です。
        + どうぶつの森
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE