インドで会計事務所!立ち上げ日記

旧・『京都の公認会計士の日記』
京都とインドのデリーで日本企業のインド進出サポートの仕事をしている会計士の日記です。
日本各地で営業してインドに飛んで仕事して、、、高速で往復しています。
会計とか税務以外に、本や雑誌に寄稿したり、セミナーしたり、、、そして、たまにドラクエ狂っぷり発揮したりの記録です。
<< 昨日はセミナー同窓会でした | main | 後輩は書籍を出しました〜「わかりやすい 簿記講義の実況解説」 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    セミナーには2種類ある
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
       
      週末と昨日、2つのセミナーをこなしていました。
      そこで得た教訓は「セミナーには2種類のものがある」ということ。

      1つは「知識を得ることを目的とするもの」。
      もう1つは「共感を呼ぶことを目的とするもの」。

      ひょっとして両方を目的にしたもののあるかもしれませんが、
      この2つではまったくやり方が異なってきます。

      週末のセミナーはとにかくスキルを提供するものだったので、
      難しいことをとにかく簡単に説明しつつ、時には意識的に自分を遠い存在かのように見せる必要がある。
      昨日のセミナーは、共感を提供するものだったので、とにかく自分を身近な存在に感じてもらい、体験・苦労話などを織り交ぜて、同じ目線になるように意識する必要がある。

      二つのセミナーのアンケート結果を眺めていると、
      今までの自分のはこの2つの明確な線引きがなかったな〜と思ったのでした。
      主催者の方から色々改善点なども言っていただき、また次のセミナーまでのto do listができました。

      大人になると人から批判されることってなかなかなくなるので、
      アンケート結果とか、人からの明確なダメだしとかは本当に助かります。
      早くこの「2つのセミナー」を使い分けられるようになって、
      セミナー講師としてもワンランク上を目指したいと思いました。


      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      ブログランキングに参加しております。
      クリックにて応援よろしくお願いいたします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
      にほんブログ村
      | rabbit | セミナー | 17:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 17:16 | - | - | - | - |
        なるほど、そういう視点があるんですね。

        事務所でセミナーをやるときに意識して
        みたいと思います。
        | 村松慎一 | 2011/02/16 8:25 AM |
        村松さん、
        コメントありがとうございます。

        私も初めて気が付きました。
        やはり人に教えを請うのは手っとり早いですね。
        | 野瀬 | 2011/03/07 5:28 PM |









        トラックバック機能は終了しました。
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 個人事業主向け確定申告の本です。
        + お金についての「実際やって見た」です。
        + 私たちの「節約理論」を書いたものです。
        + 記念すべき1冊目の著書です。
        + どうぶつの森
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE