インドで会計事務所!立ち上げ日記

旧・『京都の公認会計士の日記』
京都とインドのデリーで日本企業のインド進出サポートの仕事をしている会計士の日記です。
日本各地で営業してインドに飛んで仕事して、、、高速で往復しています。
会計とか税務以外に、本や雑誌に寄稿したり、セミナーしたり、、、そして、たまにドラクエ狂っぷり発揮したりの記録です。
<< 会計士に読んで欲しい本〜『ざっくり分かるファイナンス』 | main | 「会計士のイメージがわきません」(笑)~とある美大にて >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    主催者を儲けさせるという発想
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      今日は和歌山の紀陽銀行さんでセミナーをやってました。
      新刊をテーマにして1時間ほどお話をさせていただきました。

      朝ヒゲそってたらアゴがカミソリ負けして流血。
      アゴに絆創膏貼ってのセミナーになりました。

      今年はいろんな場所でセミナーや講演をやらせていただくのですが、
      いつも気になるのが、その集客状況。

      たとえば3000円の講演会で、私が頂く報酬が50,000円だとすると、
      会場代を考えるとどれくらい人が集まると主催者は儲かるのだろうか?とか、
      50000円のセミナーで、私が頂く報酬が200,000円だとすると、
      会場代、備品代、資料のコピー代、アシスタントの方の報酬を考えるとどれくらいの人が集まると主催者は儲かるのだろうか?とか。

      無料セミナーだと、主催者の目的(会社の知名度アップ、商品の申し込み)に役だっているだろうか。

      頭の中でパチパチ暗算していしまうのです。

      こんな感じで「せっかく呼んでいただいた主催者の方」が「トク」してるかな〜というのはいつも気になります。

      で、暗算して明らかに赤字だったりすると、申し訳ない気持ちで一杯になるわけで、
      控室で今後の集客のやり方を打ち合わせしたりします。

      セミナーや講演会ってこういうものが大事で、
      聞きにきてくださった方に何か役立てる話をすることはもちろん、
      主催者を含めた関係者すべてにも何か「トク」していただかないと、その後の話が広がらないのです。

      だから、主催者の皆さま、もし集客でお困りならばお声をかけてくださいませ。
      私も精一杯の努力をさせていただきます(笑)。



      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      ブログランキングに参加しております。
      クリックにて応援よろしくお願いいたします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
      にほんブログ村
      | rabbit | セミナー | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:24 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 個人事業主向け確定申告の本です。
        + お金についての「実際やって見た」です。
        + 私たちの「節約理論」を書いたものです。
        + 記念すべき1冊目の著書です。
        + どうぶつの森
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE