インドで会計事務所!立ち上げ日記

旧・『京都の公認会計士の日記』
京都とインドのデリーで日本企業のインド進出サポートの仕事をしている会計士の日記です。
日本各地で営業してインドに飛んで仕事して、、、高速で往復しています。
会計とか税務以外に、本や雑誌に寄稿したり、セミナーしたり、、、そして、たまにドラクエ狂っぷり発揮したりの記録です。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ジャイプール行ってきました
    0
      ~年末やるはずだった仕事が先方都合で延期になったので、昨日は日曜ということもあり、
      急きょ家内と日帰りジャイプール観光してきました(片道車で5時間半)。

       印象は、デリーと比べてですが「空気がきれい」「空が広い」「山がある」。
      ここ2・3週間デリーの大気汚染が酷かったので、久しぶりに大きな青い空を見ることができました。

       典型的な「観光地」っていう感じの町で、天文台やらお城やら宮殿やら布屋やらコブラやら(笑)楽しんで来ました。
       観光旅行ってほとんどしたことなかったので、道中車がパンクしたりで疲れましたが新鮮で楽しかったです。

      街並み
      JUGEMテーマ:日記・一般
      | rabbit | インド | 21:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      久々のドライバートラブル
      0

        今週木曜日はかなり忙しくて、デリーで商工会に出席したあと、同業の友達とランチ。
        そのあとグルガオンに移動してクライアント1件訪問し、さらに別のお客様とホテルのフロントでミーティング。
        で最後はデリーのサケットに戻って楽しみにしてた久しぶりの友達との飲み会でした。
         

        グルガオン出るときにドライバーが
        「駐車場でカネ取られた、あとで払ってね」と。
        で僕が
        「わかったから領収書出して」
        って言ったら、
         「カードで払ったから、ビルは出なかった」
        とよく分からない回答を。
         

        まあ、そんなこともあるかと思ってそれ以上は追及しなかったんですが、
         最後の飲み会に向かう道で急に
        「今日はこんなに遅くなるとは聞いていない。家の鍵をオレが持ってるから、弟が家に入れない。早く家に帰りたい」と。
        どうやらこれはホントっぽいんですが、僕としても車は契約しているので、ドライバー会社の社長に連絡。
         社長命令で引き続きサケットに向かってくれることになりました。
         

         疲れててウトウトしてたんですが、
        ふと気づくとどうも道が違う気がして、
         「サケットへの道わかるよね?知ってるって言ったよね?」
        て聞いたら、力強く
        「知ってる。問題ない」
        との回答。
         

        で15分ほど走ったら明らかに「Green Park」って看板が見えるので、
         「違うやないか!」
        って詰めたら
        「家に入れない弟のことを心配し過ぎて、道を間違えた」
        との見解が。。。
        さらには
        「今日は駐車場代あんたの代わりに立て替えたから、現金なくなってランチも食べられなかったんぞ!」
        てな愚痴まで言われる始末。
         

        うん?・・・お前さっき「カードで払ったからビルもらえなかった」って言ったよなと思ったんだが、この際そんなことはどうでもよくなってアイホンの地図見ながら僕が道指示してようやく飲み会の店に1時間遅刻で到着でした。
         

        ドライバーから「弟が待ってるから10時には帰ろう」と懇願されたので、
         飲み会はコソコソと10時で失礼しました。
         久しぶりのメンツだったのでもう少し飲みたかったんですけどねえ。

        JUGEMテーマ:日記・一般
        | rabbit | インド | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ビザ取得して再びインドへ
        0
          JUGEMテーマ:日記・一般

          ビザ取得のためしばらく日本に帰っていたのですが、
          もっともっと突き返されるかと思ったら、意外に2回で受領されて、すんなりビザがおりました。

          これで労働ビザがおりたので、ようやく給料がもらえるわけです。

          GW中の日本は寒かったのですが・・・
          インドは当たり前ですが連日の40度越えで、気温の差が激しすぎて体調壊さないか心配です。

          3週間ぶりにデリーの自宅に帰ると案の定、埃だらけで
          まずは埃を掃いて・拭いての掃除からスタート(笑)。

          いい加減知恵がついてきて、日本に戻る前にある程度の家具には新聞紙かぶせておいたので、
          今回の掃除はラクでした。
          インドの家、隙間だらけなので、毎日埃が入ってくるんですよ。

          明日からの週はまたお客さんとのミーティングが複数あるので、
          暑さでへばらないように適度に休み入れて頑張ります。


          ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
          ブログランキングに参加しております。
          クリックにて応援よろしくお願いいたします。
          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
          にほんブログ村
          | rabbit | インド | 16:29 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          個人的忘年会
          0
            JUGEMテーマ:日記・一般
             
            今週は友達かつお客様(笑)でもある2名とそれぞれ別の日に飲みに行っていました。

            お二人とも業界は違えど1からデリーでビジネス組み立ててる人なので、
            苦しいこととか、将来どうするかとかそういった話で共感できることが多く、
            ついつい飲み過ぎてしまいました。

            本格的に仕事がスタートしたのは今年からなんですが、
            成果としてはまあまあ・・・・というのが実感です。

            当初予定していた売上目標には少し届かなかったのですが、
            来年に持越しになった案件が少しあるので、達成予定が来年3月ぐらいまではずれ込むのかな。

            正直こっちで仕事すると、大変なこと8割、楽しいこと2割なのですが、
            忙しいだけあって、その大変なことをいちいち立ち止まって悩む時間がないので助かっています。

            営業のための「入口チャネル」の確保
            日本での営業活動との兼ね合い
            今後人を雇った場合のクオリティの維持
            一部業務の定型化
            提携先事務所との今後の関係

            などなど課題は山積み(笑)なのですが、
            「石の上にも3年」の気持ちで頑張りたいと思います。



            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
            ブログランキングに参加しております。
            クリックにて応援よろしくお願いいたします。
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
            にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
            にほんブログ村
            | rabbit | インド | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            食器洗いスポンジから見る、インドのビジネス環境
            0
              JUGEMテーマ:日記・一般

              日本から持ってくるもので本当に重宝するもの。
              まあ、日本食は当たり前なんですが、日本で買った、食器洗いスポンジとか、激落ち君とか、歯ブラシとか、そういった日常の細かい掃除生活道具がインドだとまさに「魔法の道具」と化します。

              本当細やかなところまで配慮された「使用者目線」がうれしい限り。
              たとえば、食器洗いスポンジ。
              インドのそれは、ちょっと使うとすぐにボロボロになるし、頑固な汚れが旨く取れないのですが、
              日本のものと変えてから食器洗いは劇的に楽になりました。

              正直これらをインドで売ったら売れること間違いなしと思うのですが、ご近所さんとか友達のインド人と話してるとそうでもないのかな〜と。

              というのも一般的なインド人家庭でも、食器洗いや掃除については「メイドさん」を雇っているケースがほとんどだからなのです。
              どういうことかというと「買うか買わないかの決定権を握っている雇い主」と「実際に作業をするメイド」がまったく別人だということ。

              確かに日本で売ってるようなさまざまな家事用グッズは便利なのですが、当たり前ですが値段は数倍高い。
              自分自身が掃除などの作業をしない「雇い主」からすれば、「そんな高いもの買う必要ない!メイドに今まで通りやらしときゃいい!」となるわけです。

              まあ、こういった点を考えると日本っていい国だなあ・・・なんて思ったりするわけです。


              実はこれは仕事でも同じ。

              インドでは仕事は「ボス≒神」みたいな扱い。
              以前のブログでも書いたように、部下の前で雑務などを一切やらないし、やってはいけないのです。
              「これはオレの仕事、あれはあいつの仕事」みたいな感覚が徹底していて、
              たとえば富裕層の生まれの人は生まれながらにして「マネジメント」しかやらないのです。

              そうなると、この「食器洗いスポンジ」のようなことは仕事場でも起こりえます。

              自分自身が「作業」をやらないために、その「作業」の苦労が想像できないのです。
              ボスがあれこれ指示を変えるたびに、部下は作業が何度もやり直しになる。
              明らかに無理な期限と質の仕事を部下に丸投げする。
              横から見てると「なんて無駄なことさせるんだ」と思うのですが、ボスはお構いなし。

              まあ、そう考えると正直、一兵卒から始めて、あらゆる仕事を経験してトップを目指す
              「日本式人事制度」も悪くはないのかなと思います。

              ただ、今の日本では「上が詰まっているので『いつまでも一兵卒』になってしまってる点」だけは大きな解決するべき問題なんですけどね。

              ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
              ブログランキングに参加しております。
              クリックにて応援よろしくお願いいたします。
              ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
              にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
              にほんブログ村


              | rabbit | インド | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              タクシートラブル
              0
                JUGEMテーマ:日記・一般
                 
                今日は久しぶりのタクシートラブル。

                僕はデリー周辺では、仕事では一日契約のタクシーを使っています。
                8時間で1300Rp という契約。
                いつもはトラブルもなく使ってるんですが、今日は初顔のドライバーでした。

                朝早くに日本商工会に出るために出発したらいきなり

                「ガソリン入れたいから200RPくれ」

                で「もちろんこれは料金の1300RPの代金に含まれてるんだよね?」って言ったら

                「うん。だけど手持ちがないから200RPくれ」となる。

                仕方ないから200RP渡して、とりあえず出発。
                「そうか君は日本人か、俺は日本大好きだよ。インドもいい国だけどね」と雑談しゃべりながら会場へ。
                商工会も無事終わり、今度はミーティングのためにショッピングモールに移動。
                移動先のモールを指示すると・・・・

                「モールに行くんだったらワイシャツを1つ俺に買ってくれ。俺のサイズは44だ。半袖は嫌だよ」
                などと勝手なことを言ってくる。で拒否して出発。

                モールに到着したら「ここは駐車場が高い。30分で40ルピー取られるから200RPくれ」と言われる。
                急いでいたのでとりあえず200Rp渡してミーティングへ。
                無事ミーティングも終了し、お客さんと一緒に食事した後に、駐車場の員に駐車料金聞いたら1時間10ルピーとのこと(笑)。

                ドライバー呼んで「釣りを返して」というと渋々50RPを。
                「あと100RPは?」というとさらに渋々100RPを。

                で事務所に帰る。
                いつもなら事務所に直行するんだけど、このままじゃさらにボラれると判断し、このドライバーの会社の前で下してもらう。

                で精算。
                10時間たってたので「エクストラチャージとして1時間100RPだ。トータル1500Rpね」と言われたので、
                「いやいや、ちょっと待て。今朝ガソリン代として200RP払ったよね。だから1500RP−200Rpで1300RPでしょ?」と言って1300RP払って降りようとする。すると・・・

                「チップをくれ」と(笑)。そして「チップをくれたら君もハッピー私もハッピーだ」と(笑)。
                もう面倒だったので50RP 渡して降りようとしたら、
                「たった50RP!?100Rpなら君もハッピー私もハッピーだ」と。

                もう堪忍袋の尾が切れそうだったので、「あなたのボスと話をします」と言って車を降りて、タクシー会社のオフィスへ。
                社長に事情を話すと、なんとエクストラチャージも本当は1時間60RPであることが判明(笑)。
                社長の個人財布(笑)からおつりの80RPを返してもらう。

                ドライバーは社長にバレるのが嫌だったのか血相変えて、オフィスに様子を見に来ている。

                そんなかんやで色々疲れて、事務所に帰ってきました。
                普段はあんまりタクシートラブルはないのですが、今日は久しぶりの猛者に遭いました。
                今度からあのドライバーはやめてもらおっと。




                ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                ブログランキングに参加しております。
                クリックにて応援よろしくお願いいたします。
                ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
                にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
                にほんブログ村
                | rabbit | インド | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「掃除はするな」「銀行にはいくな」そして「簡単に『ありがとう』と言うな」
                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般
                   
                  外国で仕事をしているといろいろなトラブルに遭います。

                  食当たりに代表される生活面から、思った通りになかなかいかない仕事面。
                  そしてその両方に影響するのがやはり「文化」の違いです。

                  先日デリー郊外でインド人会計士と一緒にセミナーをしていたのですが、
                  インド人側が資料配布などの雑務を一切しない。
                  もう時間も差し迫っているで「これ配って」ってお願いしても、
                  渡した資料を横にポイッとして、一切の雑務をやらないのです。

                  今に始まったことではないので、イライラもしないのですが、
                  びっくりしたのは、あとで事務所に帰ってから逆に私のほうがダメ出しを食らったこと。

                  「ああいった雑作業をやったら、あなたインド人のスタッフに舐められますよ。その程度の人間だと。
                  銀行の窓口にも行っちゃだめだ。銀行員に舐められる。
                  あと、簡単にインド人に『ありがとう』と言ってはダメだ。もっと「ボス」として振る舞え」

                  てな感じ。

                  「日本では大企業はともかく私みたいな零細企業の社長は自分でやる。
                  コーヒーも自分で入れる。もっと言えば自宅のトイレ掃除も自分でやりますよ」

                  って言ったら、もう顔をしかめて
                  「よくそんなことやるね。私は絶対無理。
                  それに、そんなことで時間を割かれるのならメイドを雇って、もっとビジネスに集中してくれ。」

                  まあ、そんな感じで日印ビジネス文化について、色々意見交換しました。
                  まあ、郷に入りては郷に従えで、インド人に対しては徐々にインドスタイルに変えようと思うのですが、
                  私のお客様はほとんどが日系企業なので、日本人に対してはやっぱりこの日本スタイルを貫きたいなあと思います。

                  しっかしそんなインド人なら、海外で仕事しようと思ったら、秘書もメイドもみんな一切合財連れてこないと仕事できないだろうなあ。

                  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                  ブログランキングに参加しております。
                  クリックにて応援よろしくお願いいたします。
                  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
                  にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
                  にほんブログ村

                  | rabbit | インド | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  8月22日に東京にてインドセミナーやります。
                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般
                     
                    すっかり恒例になった「インドビジネスセミナー」ですが、今度は8月22日に東京にて行います。

                    今度の内容はすこーし実務っぽい話が多いのですが、
                    インドに進出した企業がぶつかる問題ばかりなので、インドビジネスに興味のある方は是非ご参加くださいませ。

                    【第一部】
                    14:00〜14:40
                    日印会計の違いと親会社への業務報告時の注意事項

                    【第二部】
                    14:50〜15:35
                    現地での実務上つまづきやすい、TDS、間接税の仕組みのケーススタディ

                    【第三部】
                    15:45〜16:15
                    最新インド経済ニュースと今後の展望

                    お申込みは以下のサイトよりになります!
                    今回は大阪はなく東京だけなのですが、是非ご参加くださいませ!
                    http://news.nna.jp/free/seminar/2012/120822_jpn/


                    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                    ブログランキングに参加しております。
                    クリックにて応援よろしくお願いいたします。
                    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
                    にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
                    にほんブログ村
                    | rabbit | インド | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    初の試み「海外でのセミナー」が無事終了しました。
                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般
                       
                      昨日はデリー郊外のグルガオンにて「日印決算書の違いと本社報告時の注意事項」というタイトルのセミナーをやっていました。

                      日本人向けだとはいえ、海外でセミナーを主催するのは初めての経験でしたが、
                      アンケート結果もまずまずでホッとしました。

                      今回のセミナーはセミナー内容そのものよりもむしろ、
                      「会計事務所にこんなサービスを求む!」などといった意見を集めるのが目的だったので、
                      アンケート結果もしっかり分析します。

                      企業内研修の話もいただいたので、これが実現したら1年ぶりの企業内研修なので楽しみです。


                      こういった仕事をしていると、日本でたくさんセミナーやっておいてよかったなあと思うのです。

                      いきなりインドでBtoBのセミナー自主開催したらハードルが高いけど、私の場合
                      3年前からBtoCのセミナーをこなしてまずセミナー慣れして、そのうちに企業内研修をやるようになって、そして去年からは自主開催でやるようになって・・・と徐々に「セミナー慣れ」することができました。

                      何か計画的に事をすすめていたわけではないのですが、偶然こういった「準備」ができていたのは本当にラッキーですね。
                      逆にこういった「偶然準備できていること」から「自分が次にやるべきこと」を考えるというのもいいかもしれません。

                      私の場合、セミナーや執筆という「慣れている分野」からインドビジネスを攻めるのがよいのかな?



                      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                      ブログランキングに参加しております。
                      クリックにて応援よろしくお願いいたします。
                      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
                      にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
                      にほんブログ村

                      | rabbit | インド | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      本に書いてある知識とそれ以外の知識
                      0
                        JUGEMテーマ:日記・一般
                         
                        まあ、色々インドで会計とか税務の仕事しているわけですが、最近強く思うことを一つ。

                        インドで仕事始める前は当然、日本にあるインド会計の本を片っ端から読んで、
                        知識を詰め込んだわけですが、これでは全く通用しないわけです。

                        どうしてかというと本当に必要な知識は日本語の本には書いていないから。
                        税率が○○%とか、これとこれは相殺できますとか、そういった表面的なことは書いてるのですが、
                        実際実務で問題になるようなもっと細かい話は一切書いていないのです。
                        おそらくこれは「グレーな部分だから会社の名前がでる本だと書きにくい」とかあとは「そもそもそういうレベルの実務知識はない」など色々な理由があるんだろうと思う。

                        でどうするかというと、現地で原書買って読む。これしかない。

                        で現地で税金や会計の専門書読んだらそれでOKかというとそうでもない。

                        特にインドのような国だと、「法律上はこうだけど、実際は・・・」という話が少なくない。

                        正直このレベルの知識は毎日の仕事と、現地の年上のインド人会計士の話を聞くしかない。
                        いや、ひょっとしてこの手の話に詳しいのは、インド人会計士でもなくその下で20年ぐらい実務をやっているオジさんだったりする。
                        そしてこの手の話はとても勉強になるし興味深い。

                        こういった「実務レベルの慣習」の話がサラッとできるようになれば、いいのですが、まだまだですね。
                        ただこのレベルのサービスを提供できる日系事務所はまだないので、
                        何とかこの隙間に入り込みたいなあとは思うわけです。

                        まあ、この慣習レベルの話は本当にグレーだったりするから、
                        コンプライアンスに厳しい日本企業は避けたがるんですけどね。
                        長い目で見たらそっちのほうが正しいか(笑)。

                        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                        ブログランキングに参加しております。
                        クリックにて応援よろしくお願いいたします。
                        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
                        にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
                        にほんブログ村

                        | rabbit | インド | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << January 2020 >>
                        + PR
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + 個人事業主向け確定申告の本です。
                        + お金についての「実際やって見た」です。
                        + 私たちの「節約理論」を書いたものです。
                        + 記念すべき1冊目の著書です。
                        + どうぶつの森
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE