インドで会計事務所!立ち上げ日記

旧・『京都の公認会計士の日記』
京都とインドのデリーで日本企業のインド進出サポートの仕事をしている会計士の日記です。
日本各地で営業してインドに飛んで仕事して、、、高速で往復しています。
会計とか税務以外に、本や雑誌に寄稿したり、セミナーしたり、、、そして、たまにドラクエ狂っぷり発揮したりの記録です。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    学校の勉強で結局役にたったのって何?
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
       
      相変わらずインドで英語の勉強続けています。

      正直33歳にして10代のころ全く英語の勉強しなかったことを激しく後悔しています(笑)
      基本的に受験が全くない環境で育っていたので、
      中学高校時代の英語(に限らず)の授業って寝てるかマンガ読んでました。
      あ、そういえば僕みたいな生徒が少なからずいたので、
      高校の時の英語の先生は、授業の初日に

      「中学で英語ダメなやつは頑張ったら取り戻せるけど、
      高校時点でダメなやつはもう取り戻せないので諦めてください
      授業で当てることもありませんので安心してください。」

      みたいな趣旨のこと言われたなあ。

      でも今はホント33歳にして英語を「1から勉強する」という感覚。
      前回の語学学校に来た時に自分のvocabularyのなさを痛感したので、
      今回は単語帳を持ちこんでチマチマ単語を覚えています。

      実は「単語を覚える」とう作業をするのも生まれて初めてだったりして、
      嫁さんには「一体学生の時に何をやってたんだ?」と詰問されてしまいます。

      ドラクエ全員レベル99とか、FF3のオニオンソードゲットとか、
      ファイアーエムブレムの全員レベル20とかでしょうか・・・・


      確かに「英語」はやっときゃよかったって思うけど、
      それ以外の科目を考えてみると果たして役に立ったのかどうかはビミョーなものが多いな〜
      なんて今日はランチ食べながら考えていました。

      以下、私の全くの独断と偏見(A:必須、B:場合によっては役に立つ、C:ほとんど不要、D:マジ不要)
      「受験にいる」という要素は考えず、社会人生活にいるかどうかだけで判断しています。

      【小学校】
      国語:A 算数:A 理科:C 社会:B 体育:A 図工:B 家庭:A 音楽:D

      【中学高校】
      現代文:A 古文:D 数学:C 化学:D 生物:D 物理:D 地理:B 日本史:B 世界史:B
      政治経済:B 美術:D 体育:A 倫理:D 英語:A 宗教:C

      ってとこかな。

      でこう考えると、やっぱり昔の人は「教育」ってのをよく分かってたな〜と思うわけです。
      結局「読み・書き・そろばん」さえできれば、あとは自分が好きな道を選んで、
      それに必要な勉強するのが一番ムダだないなあと思うです。

      化学記号とか、コンデンサーとかたぶん死ぬまで使わないっす。
      授業も聞いてなかったからいいんだけどね。

      あとは「読み・書き・そろばん」+「英語」と並ぶ大事なものって実は「社会性」だったりする。

      「どうすれば組織の中でいじめられないか?」
      「自分の能力を見極めてグループ中での自分のポジションをどうするか?」
      「ワガママな人とはどういう感じで距離感とるか?」
      「あんまり調子乗ったりと、ボコられる」とか

      そういった社会人の必須スキルが身に着くことかな。
      その意味ではやっぱり学校は多いに役に立ったかな。

      正直道徳で習うような「皆で仲良く」とかって建前主義であんまり役に立たないよね。
      人の虚栄心とか、自尊心とか、社会心理学とかを教えたほうがよっぽど将来役に立ちそう(笑)。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      ブログランキングに参加しております。
      クリックにて応援よろしくお願いいたします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
      にほんブログ村
      | rabbit | 英語 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      我流の英語勉強のコツ
      0
        JUGEMテーマ:日記・一般
         
        今回のインド滞在は語学学校を10時から1時の3時間だけにしているので、
        仕事がしない(物理的にできないことも)時は、実は結構自由時間があるのです。

        そんな時は単語帳見たりして英語の勉強してるんですが、
        今年の6月から英語の勉強初めて、色々試しているうちに気付いた点を何点か。

        1)教材は難易度よりも「興味がある話題か」が大切
        僕は昔から歴史とかに興味があるので最近読み始めて楽しいのがこれ。
        NHK テレビ Trad Japan (トラッドジャパン) 2011年 10月号 [雑誌]
        CDもセットで買ってi-Phoneに入れてヒマな時に聞いています。
        「へ〜」となる豆知識が多くどんどん次が読みたくなります。

        色んな教科書試したんだが、やっぱり人間「それでそれで?」と
        「次が読みたくなるもの」じゃないと疲れるし眠い。

        英語教材でよくある「ボブとメアリーの日常のやりとり」みたいなシチュエーションなんて
        全く興味もないし、次が読みたいとは全く思わない。

        他には、本屋で子ども用の図鑑とか教科書みたいなものも、
        使われている英語は簡単でかつ興味ある分野を選べるのでおススメ
        難点は少し重いくらいか。

        2)「語源」を勉強すると結構面白い。
        単語を勉強しているとたまに「なんでこの単語に無関係な2つの意味があるんだ?」となります。
        たとえば「anchor」。

        意味は、〜イ良邸覆いり)、と∈能走者、そしてニュースキャスター。

        でanchorの語源を調べてみると、「頼みの綱」という意味からきているらしい。

        確かに、錨も最終走者も「頼みの綱」だし、ニュースキャスターもある意味局の花形だから
        「頼みの綱」と言える。

        他に「present」も仝什漾↓⊇仞覆垢襦↓プレゼントと盛りだくさんなんだが、
        語源を調べると「目の前にある」という意味。

        そう考えると全く関係なかった3つの言葉が関連性を帯びて見え始めてきました。
        現在は目の前だし、出席も目の前にいるという意味だし、プレゼントも目の前に出されるものだから。

        こうやって語源を勉強すると単語の意味が記憶に残りやすいのです。
        電子辞書は「語源」まで出るタイプがおススメです。

        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
        ブログランキングに参加しております。
        クリックにて応援よろしくお願いいたします。
        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
        にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
        にほんブログ村
        | rabbit | 英語 | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        インドと日本の語学学校の違い
        0
          JUGEMテーマ:日記・一般

          またまたデリーの語学学校に通っています。
          今回は仕事もあるので、午前の3時間だけんですが、
          やっぱり日本の語学学校とは違うなあと再認識しました。

          8月は語学のレベルを落としたくない(と言っても大したレベルじゃないが)ので、
          日本の語学学校に通っていました。
          私が申し込んだコースで、だいたい1コマ40分5400円程度。

          講師のスキルはgoodでした。
          みな熱心に僕のつたない英語を聞いてくれるし、
          非常に聞き取りやすい英語を話してくれる。とにかく「やさしい」。
          何をしゃべってもとりあえず「good, nice」と褒めてくれる。

          でもね、インドに再び行って気がついたんです。
          インドの語学学校は1日3時間が週5日で100ドルつまり、7500円。
          時間換算したら日本より10倍以上安い計算になります。
          マンツーマンとグループワークという違いはあるものの格安です。
          そして何より「厳しい」。

          「はあ?よく分からないなあ」と思っているとどんどん置いていかれるし、
          講師の話もとにかく早く、難しい単語も使う。要は「容赦ない」(笑)。
          先日クラスで3分間のスピーチ大会があったんだが、僕の評価は・・・

          「スピーチスキルは良いし、話の内容は面白いが、英語として全然ダメ」
          という評価でした。文法も発音もね。

          「ダメ」って言われると、もうそれは勉強するしかないし、
          何よりそんなに楽しみもない場所なので、とにかくがっつり勉強しますか・・・って気分になります。
          分からない単語があれば、アパートに帰ってすぐ調べないとダメだし、
          先生にあてられそうになったら、知識を総動員して頭の中で文章を考える。

          短期的に英語スキルを上げるにはこういったスパルタのほうがいいのかなと思いました。

          日本の学校も悪くはないんだけどね。
          ただ僕みたいな怠け者には「先生がやさしすぎる」というのがどーも欠点に見えてきました。
          本音は「安さ」に惹かれただけかもしれませんが。

          ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
          ブログランキングに参加しております。
          クリックにて応援よろしくお願いいたします。
          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
          にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
          にほんブログ村

          | rabbit | 英語 | 17:49 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          インドの語学学校の学費・・・安い?高い?
          0
            JUGEMテーマ:日記・一般
             
            今日で語学学校も無事3日目が終了。
            だんだん慣れてきて楽しくなってきました。

            でも痛感するのが、「vocabulary」のなさ。
            質問の意味すら分からず恥をかくことが非常に多いのです。

            これは中学高校大学と楽した報いを今受けてるのだな(笑)と思い、開き直って頑張ってます。

            僕の朝のクラスは、
            インド人が3名、韓国人の学生2人、日本人2人、まだ国を聞いてないけど、
            アラファト議長みたいなかぶり物してるおっちゃんと、欧米人が1名ずつ。

            だから英語の文法って結構無茶苦茶。
            でも皆知ってる限りの単語をフル動員して必死に喋る喋る。

            だから、英語を主言語としない人同志の会話で一番必要なのは単語なのだなあと実感しています。
            だからアパートに帰ったら今日分からなかった単語を辞書で引いて、
            暗記暗記暗記暗記(笑)。

            まさか33歳で単語の暗記するとは思わなかったです。


            今日話題になったのは、この語学学校の学費が高いかどうか。
            週5日間、1日6時間みっちり授業があるのだが、これが週1万5千円。
            日本人の感覚では安い。韓国人のクラスメイトも同意。

            でもやっぱりインド人の人にはとても高いものらしく、
            この語学学校に通うためには父親の給料よりも高い金額を払っている生徒もいるのだとか。
            インドではエリートになるにはどうしても英語が必要。
            我が子に豊かな生活をしてほしいという親は無理をしてでもこういった語学学校に通わせるのですね。

            それにしても僕が会うインド人は皆底抜けに明るい。
            授業中も冗談ばかりいっていつも皆を笑わせてくれます。

            もっと英語が上手くなって彼ら彼女らともっと仲良くなりたいなあ。


            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
            ブログランキングに参加しております。
            クリックにて応援よろしくお願いいたします。
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
            にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
            にほんブログ村
            | rabbit | 英語 | 21:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << March 2020 >>
            + PR
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + 個人事業主向け確定申告の本です。
            + お金についての「実際やって見た」です。
            + 私たちの「節約理論」を書いたものです。
            + 記念すべき1冊目の著書です。
            + どうぶつの森
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE